LINK
「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを売買して収益を上げる商取引です。売り買いの値段は、1日中動いています。これが為替市場です。ラジオを聞いているとドル円やユーロ円の為替レートの話題が流れる時があります。よく見かけるのが、「本日のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを言い表しています。要するに、外為取引には買いと売りの2個の値があるという事です。売値、買値ではなくビット、アスクと示している取引会社もあります。通常は買値よりも売値が小さくなっています。現実に買うときには高く、売るときには安くなっています。その差分をスプレッドといい、FX業者の儲けのひとつといわれています。スプレッドは取引会社によって変わります。スプレッド幅はあなたにとって負担になるので、低いFX業者をセレクトしたほうが儲けられます。ただ、同じ取引会社でも状況によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。例として日常的にはドル円の組合せで1銭のスプレッドの差とは言っても、為替相場の上げ下げがとても激しい状況では1銭よりも大きくなります。という訳で、スプレッドが低いのと同じくらい変化しない事が重要です。現在では決まったスプレッドの狭さを示すFX業者も多く存在しています。現実にFX取引会社の売り買い画面上で本当の相場を調べなければわからないので億劫ですがとても大切なことです。多くの資金を投入して取引するのだからリアルな売り買いの前に、魅力的に思えたFX会社の新しい口座開設を試して提示されているスプレッドの広さを確認しましょう。同じ通貨のペアでもその瞬間の為替の状態によって外貨のスプレッドの幅は異なります。普通は、インターバンク相場で売買高が多い通貨ではスプレッド幅が狭くあとの外貨では大きくなる事があります。