LINK
実際にPCの画面の前に座って上下動している市場を見てしまうと、理由無く取引をする衝動が生じる状況も多いです。でも、不確かな思いで注文するのだけは断じてしてはいけません。分かっていると思いますが、マーケットは終日、どこかの国で為替市場がオープンしているし、市場も常に、上がったり下がったりします。しかし、だからといって何度もトレードを繰り返しているとその分だけ損失を被る危険性が高くなってしまいます。当然の事ながら、注文の数を増やすことによって、だんだんと儲けられる確率が50%、50%になっていきます。しかし「はっきりしないアイデアで売買」してしまうこととは別の問題です。注文回数を積み重ねるということは、自分が「ここは勝てる」と思える時機を持ったところでの売買回数を重ねるという意味である。何となく、ひっきりなしに取引を繰り返すのとは全く違います。相場の勝負に臨むには白分で意識的に緩急をつけることが必要です。「ここはいける」と思ったマーケットの時には、所有ポジションを多くして、集中して儲けを追求します。「難しい相場でどう動くのか理解できないな」と感じた時は観念してポジションをクローズして何もしません。それぐらいのメリハリがあったほうか、最終的にエントリーは勝利します。外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがあります。まさに言葉どおりです。為替とは、常時売買ポジションを所有する事が大事ではなくポジションを所有せず静観していることも、必要です。では、どういう場面で休めばいいのでしょうか。最初に考えられるのが、前述の通り、これからの外国為替市場が具体的に良く見えない時です。高くなるのか安くなるのか決断できない時は、ヘタに動くと、自分で考えた物語とは反対の方向に為替相場が推移してしまい損をする事になります。そのため、そのような場合はポジションを閉じそのまま何もぜずに黙ってみているだけが唯一出来る事です。もうひとつは、自分の健康状態がすぐれない時。体の調子とマーケットにつながりがない思う方もいると思いますが実際には考えている以上に影響を与えます。体の状態が悪い時は、為替相場の肝心なところで、正確な決断を下すことが出来ない場合があります。気乗りがしない時は、相場から距離を置くことも大事なことだ。